新幹線マニア

2009年05月31日

東北新幹線

東京上野駅から北へ、盛岡、八戸へ。この北へ向かう路線を走る新幹線が「東北新幹線(とうほくしんかんせん)」です。
同じ路線を「東北本線(とうほくほんせん)」も走り、東北本線はさらに八戸から青森間(96キロメートル)を走ります。
上野駅から青森間は、735.8キロメートルあり、その長さは、かつては日本最長といわれました。しかし今は、盛岡から八戸間が、第3セクター化されたため、全長は107.9メートル短くなりました。それでも、山陰本線(さんいんほんせん)に次ぐ、日本第2の長さを誇る、北の大動脈であることに変わりはありません。
東京上野駅といえば、「上野発の夜行列車降りたときから?♪」
と、大ヒットしたように、何か他の列車とは違う、格別の旅情を掻き立てるものがあります。寝台特急「カシオペア」や「北斗星(ほくとせい)」は、上野駅を出発して、東北本線をぐんぐん北上し、さらに現在第3セクター化された盛岡から八戸間も走破します。

上野駅から東北新幹線で一気に八戸へ行き、八戸で東北新幹線に接続する特急「つがる」で八戸?青森?広前の133.4キロメートルを行くのは、実に超特急の旅です。みちのくを一気に突っ走るといった感じです。
一方、同じ上の駅を各駅停車宇都宮行に未明に(5時10分発)乗車し、乗り継いでいっても、その日のうちに青森に到着することは可能です(すべて各駅停車でも青森に20時45分着です)。

速く一気に東北を抜けてしまうのもひとつの旅なら、各駅停車で関東平野を抜けて、東北地方の数々の名山を車窓に眺めながら行くのもまたひとつの旅のスタイルです。




posted by 新幹線くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

SL

鉄道ファンの多くは、おそらく新幹線ファンというより、SLファンなのでは?
速さで人を引き付けるのが新幹線。でも今でも現役の「蒸気機関車(SL)」は、速さだけでは説明できない、鉄道の本当の楽しみを教えてくれる気がします。大井川鉄道から始まった蒸気機関車(SL)の保存運転は、全国に広がり、今では日本各地で懐かしい顔が元気に活躍を続けています。
主な蒸気機関車(SL)路線は次のとおりです:
●上越線SL奥利根号・・・高崎から利根川沿いを、上越線を水上まで走ります。D51形蒸気機関車が牽引します。「デゴイチ」の名前で知られている人気モノです。

●釧網本線SL冬の湿原号・・・冬の釧路湿原を走る有名なSLです。
車内には石炭ストーブが設置され、ムード満点!旅情豊かなひと時を約束します。
●磐越西線SLばんえつ物語号・・・新潟県の小学校に保存されていたC57180号機が復活して牽引しています。

●磐梯西線SL磐梯会津路号・SL郡山会津路号
磐梯西線の東半分を走るSLです。下りがSL磐梯会津路号、上りがSL郡山会津路号と名前を変えます。
●秩父鉄道パレオエクスプレス・・・東京から最も近いSLです。日ごろお疲れのお父さん!日曜日にちょっと出かけ、乗車してみてはいかがでしょう?
●只見線SL&DL会津只見号
旧型客車を牽引して深い雪のなかを走るその姿は、ダイナミックで、どこか勇気づけられる気がします。冬期も運転を休まず、雪を巻き上げるように豪快に走り、現役時代さながらの勇姿です。

posted by 新幹線くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ローカル線の駅弁

時代はすっかり新幹線。速さを追求してきた、そして今もそれは変わらない鉄道の世界では、やはり表舞台の主役は新幹線というしかなさそうです。
しかし、車窓から眺める景色を楽しんだり、気に入った場所でちょっと途中下車!なんてことができるのは、やはりローカル線しかありません。

のんびり駅弁と景色を楽しむ、つまり手段としての列車ではなくそれ自体が目的の鉄道の旅を満喫するためには、新幹線よりもローカル線の方に人気がありそうです。
ちょっとユニークな駅弁をみつけてみました:
●草津駅「万福めし」
信楽焼の容器は、タヌキのデザインです。そこに大きめの具がごろんごろんと詰まっています。シジミの味付けめしは、冷めてもおいしくいただけます。
食べ終わったら、(ちょっと荷物になりますが)持ち帰ってちょっとしたインテリアになりそう。植木鉢にちょうどいいかもしれません。

●城埼駅「かにずし」
松葉がにがたっぷり入った贅沢なお寿司です。城埼駅は、山陰本線(さんいんほんせん)沿いにあります。山陰本線は、京都から山口県藩生までを日本海沿いを結ぶ路線で、日本最長路線とされます。
日本海をながめながら、松葉がにのお寿司をのんびり!ちなみに「かにずし」は、豊岡駅でも手に入ります。

●下呂駅「飛騨の栗こわい」
「こわい」?怖いわけでも、強い(かたい)わけでもありません。「こわい」とは「おこわ」のことです。
栗の形をイメージしたかわいい器です。こんな楽しい駅弁を食べて、下呂温泉にのんびりつかれば、日ごろのストレスも吹き飛びそうです。



posted by 新幹線くん at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。