東海道新幹線と駅弁 新幹線マニア

2009年05月21日

東海道新幹線と駅弁


東京?大阪間は、風光明媚な見どころ満載の路線なのです。かつてはここに君臨していた「東海道本線(とうかいどうほんせん)」を抑え、今では「東海道新幹線(しんかんせん)」がすっかりその主役となりました。

それでも、新幹線ではあ?っという間です。
たとえば名古屋で「味噌カツ弁当」を買ってウキウキしながら乗り込んでも、あ?っという間に大阪です。ゆっくり景色を楽しみながら、お弁当をほおばり、デザートにミカンを食べて、お茶を飲んで、うとうとして、というわけにはいかないようです。

でもやはり、駅弁の人気は根強いものがあります。東海道新幹線の駅で購入できる駅弁を見つけてみましょう:
●三島駅「桜えびめし」
駿河湾といえば、ほんのりピンクの桜エビで有名です。三島駅の「桜えびめし」は、駿河湾でとれた桜えびをふんだんに使った名物弁当です。
お腹に重くないので、女性にもぴったり!
食事時間でなくても、ちょっと食べたくなるお弁当です。
ちなみに、三島駅は、三嶋大社を模した社殿づくりの風格ある駅です。
鉄道唱歌でおなじみの駅です。「三島は近年ひらけたる豆相線路のわかれみち・・・」ご存じですか?

●米原駅「ステーキ弁当」
名物井筒屋の「ステーキ弁当」は、米原駅で購入できます。「お弁当」としてしまっていいのか、と思うほど、本格的なステーキをいただけます。がっちり食べたい方にお勧めのお弁当です。
パッケージに描かれているのは、旧長浜駅舎です。
旧長浜駅舎は、明治15年開業の現存最古の駅舎です。興味のある方は、「旧長浜駅舎資料館」を訪ねてみるのも面白そうです。

posted by 新幹線くん at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。