ローカル線の駅弁 新幹線マニア

2009年05月21日

ローカル線の駅弁

時代はすっかり新幹線。速さを追求してきた、そして今もそれは変わらない鉄道の世界では、やはり表舞台の主役は新幹線というしかなさそうです。
しかし、車窓から眺める景色を楽しんだり、気に入った場所でちょっと途中下車!なんてことができるのは、やはりローカル線しかありません。

のんびり駅弁と景色を楽しむ、つまり手段としての列車ではなくそれ自体が目的の鉄道の旅を満喫するためには、新幹線よりもローカル線の方に人気がありそうです。
ちょっとユニークな駅弁をみつけてみました:
●草津駅「万福めし」
信楽焼の容器は、タヌキのデザインです。そこに大きめの具がごろんごろんと詰まっています。シジミの味付けめしは、冷めてもおいしくいただけます。
食べ終わったら、(ちょっと荷物になりますが)持ち帰ってちょっとしたインテリアになりそう。植木鉢にちょうどいいかもしれません。

●城埼駅「かにずし」
松葉がにがたっぷり入った贅沢なお寿司です。城埼駅は、山陰本線(さんいんほんせん)沿いにあります。山陰本線は、京都から山口県藩生までを日本海沿いを結ぶ路線で、日本最長路線とされます。
日本海をながめながら、松葉がにのお寿司をのんびり!ちなみに「かにずし」は、豊岡駅でも手に入ります。

●下呂駅「飛騨の栗こわい」
「こわい」?怖いわけでも、強い(かたい)わけでもありません。「こわい」とは「おこわ」のことです。
栗の形をイメージしたかわいい器です。こんな楽しい駅弁を食べて、下呂温泉にのんびりつかれば、日ごろのストレスも吹き飛びそうです。



posted by 新幹線くん at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。