大湊線 新幹線マニア

2009年06月01日

大湊線

東京の上野駅を出発し、関東平野を抜け、白河の関(しらかわのせき)(栃木県と福島県の境)を過ぎ、東北地方へ、さらに北へ北へと進んで、盛岡から八戸へ向かうのが「東北新幹線(とうほくしんかんせん)」、そして盛岡?八戸間は別として、東京上野駅?盛岡、八戸?青森を結ぶのが「東北本線(とうほくほんせん)」です。
東北新幹線がまだ未開通である、八戸?青森間(96キロメートル)は、八戸(はちのへ)を出発して三沢(みさわ)、そして野辺地(のへじ)、さらに終点の青森へと向かいます。野辺地をすぎて少し行くと、進行方向右手に海が見えてきます。陸奥湾(むつわん)です。そしてその先には津軽海峡(つがるかいきょう)が広がります。
まさに、「上野発の夜行列車おりた時から?♪・・・津軽海峡、冬景色?♪」の世界です。なぜか、冬でなくても、真夏でも!この歌を口ずさんでしまいたくなります。

東北本線は、野辺地からそのまま青森へと向かいますが、この野辺地でちょっと途中下車してみるのも一考です。陸奥湾の荒涼とした砂浜に1人たたずむと、何とも言えない気持ちになります。
この野辺地から大湊(おおみなと)へと、東北本線から枝分かれするようにして走るのが、「大湊線(おおみなとせん)」です。本州最北を走る鉄道として知られています。野辺地から大湊までの58.4キロメートルを結びます。
列車は、1両編成もしくは2両編成のディーゼルカーです。
野辺地を出発し、有戸駅(ありとえき)を過ぎて少し行ったあたりで、陸奥湾に面した砂浜を走ります。左側なので、大湊線に乗るときには左側が断然お勧めです。


ラベル:新幹線 電車
posted by 新幹線くん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。